レトロな雰囲気を実現できるちゃぶ台!家族団欒に必要な要素とは

室内

復活の兆しがある物とは

現代では、個食や孤食が目立ちつつあります。そんな中、見直されているのが一家団欒の象徴である、ちゃぶ台です。同じ食卓で囲むのは、平等な関係である証。そして座って食べられるのが大きな特徴です。また労働者階級の為に折り畳める機能もあります。

ちゃぶ台

使用される木材と特徴

ちゃぶ台は日本の伝統的な家具の一つで、シンプルな部材ので構成されています。ちゃぶ台の歴史の変遷と、使用されている木材、かつては日本産の針葉樹が用いられる事が多かった事、現在ではインテリア性を重視して木目の美しい外国産の樹種が好まれています。

女の人

和風を求めるなら

豊富な種類のちゃぶ台を取り扱っているお店が近くないのなら、オンライン通販を利用するのが一番です。オンライン通販なら様々なデザインの製品があるため、部屋のインテリアにあったイメージ通りのちゃぶ台を買えるでしょう。

和室

理想の品を見つけられます

メリットも多いちゃぶ台ですが、一般の店舗での取扱数はそれほど多くはありません。いろいろなアイテムを比較検討できる、通販を利用するのがオススメです。サイズや色、ちょっとしたデザインにまでこだわって、理想の一品を見つけられるでしょう。

部屋

使う場所と人を考えよう

おしゃれだったり、かっこいいちゃぶ台もすてきですが、重さや、高さなど、使う場所や人との組み合わせで選ぶことを考えておく事が大切です。長く愛用できるちゃぶ台を見つけるために、どのように使いたいのかをしっかりと考えておきましょう。

レディ

和の家具を楽しむ

アンティークの雰囲気が楽しめるちゃぶ台は、ホームセンター以外に通販サイトを利用することでも購入できます。通販サイトを利用する場合は商品の状態を直接目で見ることができないため、サイズなどを事前に確認し希望の大きさであるか失敗を防げます

室内

レトロな食卓の魅力

昔ながらのちゃぶ台には、まだまだ魅力があります。様々な部屋の雰囲気とマッチするため、インテリアとしても有用です。値段は新品の場合は20000円ほどです。素材によって変動します。安い物は1000円ほどですが、手入れがしてないことがあります。

日本の食卓といえばコレ

婦人

レトロカルチャーが新しい

ちゃぶ台をご存知でしょうか。昭和初期、畳の和室でお食事をされていたご家庭ではこのちゃぶ台といわれる4脚のテーブルを囲んで家族が食事をしていました。ちゃぶ台は大体は丸型で四角型も存在しますが、その殆どが軽量で脚が畳めるようになっていました。これは狭い家ではかなり重宝する機能で、お食事時には食卓となり、寝る時には畳んで収納してしまえば部屋を広く使えるというメリットがあります。またちゃぶ台には上座というコンセプトがないので、仲良く団欒に食事が楽しめるという和気藹々感が味わえるのもよい点です。持ち運びにも便利で、こちらの部屋からあちらの部屋へ、と需要に応じて簡単に持ち運び出来るのもちゃぶ台のよい点です。ちゃぶ台は大体木製で、素材はケヤキや桜といった日本によくある木材が利用されてきましたが、現代に近づくにつれ、金属製の脚で折りたたみが楽な物が増えてきました。近年ではフローリングのご家庭が増え、核家族などのご家庭では和室で食事をすることもなくなりました。近年では、ダイニングテーブルを使用する家庭が一般的になり、畳向きのちゃぶ台は姿を消しつつありました。しかし、一人暮らしのこじんまりしたアパートにお住まいの若者を中心に部屋のスペースの有効利用を考える人々の間で、再びちゃぶ台の人気がアップしつつあります。インターネットなどで手軽に注文できる家具サイトでも、小型で汎用的なちゃぶ台は人気が上昇してきています。

Copyright© 2017 レトロな雰囲気を実現できるちゃぶ台!家族団欒に必要な要素とは All Rights Reserved.