レトロな雰囲気を実現できるちゃぶ台!家族団欒に必要な要素とは

復活の兆しがある物とは

室内

これにはこんな特徴がある

現代は、個食や孤食が進んでいると言われています。逆に昭和時代ではアニメや映画によって、家族団欒の印象がある方が多いはず。そんな昭和の食卓に度々出てくるのが、ちゃぶ台です。もう見た事がないかもしれませんが、最近では見直され復活の兆しもあるのだとか。ちゃぶ台が生まれたのは明治時代。その時は銘々膳と呼ばれる、大きなお膳を皆で分け合うのではなく家族それぞれの小さなお膳で食事をとるスタイルです。江戸時代から続くタテ社会により、男女や家長やその他の人で上下関係があった為に家族でも同じ食卓を囲むことはありませんでした。同じ食卓に囲むという事は平等な関係でもある印でもあります。意外かもしれませんが家族で笑いあって話しているような、一家団欒の様子が生まれたのもちゃぶ台が登場してから。ちゃぶ台の大きな特徴として、座って食べる事があります。明治時代にはテーブルが存在していましたが使えたのは上流階級のみ。庶民でもテーブルを使おうと工夫して誕生したのがちゃぶ台です。家族で1つの食卓を囲む西洋文化、座って食べる日本文化が組み合わされています。また、座って食べるという事は同じ平面で体を寄せ合い座る事。更に近所の人達も加えて、食事となると一層詰め寄ります。そして日本人は長い事、床に直接座る生活スタイルです。その為、日本人にとってちゃぶ台はテーブルよりも心身ともに人との距離が縮まる物でした。日本の家具の特徴である、折り畳める要素もあります。これは使いだしたのが労働者階級の人であり、狭い家で暮らしていたから。1つの部屋が食卓や寝室へ簡単に変化出来るのはとても大切な事だったのです。

Copyright© 2017 レトロな雰囲気を実現できるちゃぶ台!家族団欒に必要な要素とは All Rights Reserved.