レトロな雰囲気を実現できるちゃぶ台!家族団欒に必要な要素とは

レトロな食卓の魅力

室内

古風な雰囲気が人気

新しいものが好きな人が多いですが、古めかしいものにもまだまだ魅力があります。ちゃぶ台はかつて食卓として使われていた背の低いテーブルです。そのアンティークさと日本の雰囲気や「一家団らん」といったイメージから、現在でも利用者が多くいます。無垢材と漆塗りだけで作られたシンプルさが人気を呼んでいます。そんな昔ながらのテーブル、一つ買ってもいいかもしれません。ちゃぶ台は家具の量販店や通販サイトで手に入ります。かかる費用は安いと1,000円ほどですが、これは手入れがされてなかったり中古品だったりすることが多いです。新品で買う場合は、20,000円ほどかかります。そのほか、使われている素材によっても値段が前後します。高級な木材が使われている物は、10万円以上することもあります。手入れの行き届いてない物でも、自分でメンテナンスをすればそれなりにきれいになります。とりあえずちゃぶ台が欲しいという人は無理のない価格帯の物を選びましょう。人気の高いちゃぶ台は丸型です。テレビドラマや映画でも出ているような、定番の形です。多くの部屋の雰囲気に合う汎用性が魅力です。和室などの日本独特の部屋にも合わせやすく、インテリアの一部として使う人も多くいます。一つ部屋に置けば、ほんのりとレトロな雰囲気が広がります。丸型ちゃぶ台の大きな特徴が周りを囲んで座れること、一つ持っておけばドラマの様な一家団らんを再現することができます。もちろん一人で使う場合でも高い実用性があります。昔ながらの雰囲気を一度感じてみましょう。

Copyright© 2017 レトロな雰囲気を実現できるちゃぶ台!家族団欒に必要な要素とは All Rights Reserved.